貸切バスの新たな運賃・料金制度について

 

 平成24年4月に発生した高速ツアーバス事故等を受け、貸切バスの安全性向上を図る取り組みの一環として、国土交通省により制度が見直され、安全と労働環境改善コストを反映した新たな運賃・料金制度が平成26年4月から実施されました。
 貸切バス会社は、基本的に運輸局ごとに公示されている運賃・料金を届け出ており、その上限額と下限額の範囲内で運賃・料金額を決定することとなっております。下限額を下回る運賃で運行した場合、違反行為として行政処分の対象となります。
 安全・安心なサービスを確保するための新運賃・料金制度についてご理解下さいますようお願いいたします。

☆参考資料
(各資料はPDFファイル)
2015.3.13 東北運輸局作成リーフレット追加
2017.1.20 貸切バス選定・利用ガイドライン概要追加、改定版掲載

東北運輸局プレスリリース  東北運輸局公示  東北運輸局作成リーフレット

日本バス協会作成リーフレット

東北六県バス協会連合会作成パンフレット

・輸送の安全を確保するための貸切バス選定・利用ガイドライン
概要  H28.12.20改定版

○政府広報(インターネットテレビ) 「徳光・木佐の知りたいニッポン!」で
『~安全・安心の運行を! 進化する貸切バス』 を公開しています。
貸切バスの現状等について紹介しております。下記リンクよりご覧下さい。

~安全・安心の運行を! 進化する貸切バス
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11483.html