事業案内

岩手県バス事業協同組合

岩手県バス事業協同組合は、組合員の相互扶助の精神の基づき、組合員のために必要な協同事業を行い、組合員の自主的な経済活動を促進し、経済的地位の向上を図ることを目的として昭和34年3月3日に設立されました。
組合員は、バス事業、バスターミナル事業、観光事業者で構成され、現在、バス協会会員事業者を中心に12社が加入しています。
主に、

  • 高速道路通行料金別納制度
  • 盛岡駅西口バスターミナルの管理

等の事業を行っています。