バス車内事故防止キャンペーン

shanaijikoboushiH29

seatbelt_sticker

車内事故防止キャンペーンの実施

期間

平成29年7月1日(土) 〜 7月31日(月)

重点項目

  1. バスが停車してから席を立つ「ゆとり乗降」の啓発。
  2. 乗客が着席してから発車する「ゆとり運転」の励行。【停留所発進時における安全基本動作の徹底】
  3. 乗客へのシートベルト着用の徹底。

趣旨

バスの車内事故はバスの事故の内、約3割で、平成19年のキャンペーン実施以降、減少傾向が見られますが、高齢者による事故が目立っています。
利用者側が原因となる場合、「バスが停止する前に席を立つこと」、「バスが走っている最中にうごくこと」がほとんどです。
一方で運転手が原因となる場合は「前方車両追従時の急ブレーキ」や「乗客が座る前に発車すること」が上げられます。
また、貸切バス・高速バス等について、後部座席の「シートベルト着用」が義務付けられておりますが、着用率はまだ低く、昨年1月の軽井沢スキーバス転落事故では、非着用により被害が拡大したのではないかとの指摘もなされていることから、着用率向上が喫緊の課題となっております。
このため、お客様に対する周知や適切な運転動作を徹底するとともに、関係機関と連携したキャンペーンを実施します。

バスの車内事故防止についてのお願い

(東北運輸局岩手運輸支局・公益社団法人岩手県バス協会)

シートベルト着用についてのお願い

(公益社団法人岩手県バス協会・岩手県警察本部・東北運輸局岩手運輸支局)